Life World

【アーバイン(Irvine)という楽園】ロサンゼルス(LA)観光に行く前に絶対知っておきたい街

更新日:

アーバイン(Irvine)ってどんな街?

アーバインは、オレンジ群(Orange County)に属し、ロサンゼルスの南、サンディエゴの北に位置し、どちらも車で1〜1.5時間ぐらいで行けます。しかし、ロサンゼルスに観光に行く日本人の方でこのアーバインを知っている人は少なく、もはや訪れもしないというもったいない事例が多くありました。ですので、この記事をきっかけにその魅力を伝えればと思っています。


アーバインという街の歴史はまだ浅く、1960年代以来、主にアーバイン社(在カリフォルニア不動産デベロッパー)によって開発された計画都市です。

【基本情報】
人口:約30万人
中央値年齢:約34歳
中央値世帯収入:約1,000万円 (東京都港区:862万円)
(出典:Community Report 2018 by Irvine Chamber)

出典:Community Report 2018 by Irvine Chamber
出典:Community Report 2018 by Irvine Chamber

FBIのレポートによると、2005年からアメリカで最も安全な街に選ばれています。(近年は少なくとも15位以内にはランクイン)
私はアーバインという街で半年間UCIという大学に通いながら住んでいました。もう言葉では説明しきれないぐらい整頓された美しい緑豊かな街で、一生住み続けたいと本気で思えるレベルでした。地中海性気候に属するため、冬以外はほとんど雨が降らず、傘を持っている人を見たことがありません。

UCI(University of California Irvine)という大学は、世界大学ランキングでも100位以内(東京大学、京都大学に次ぐ)という高水準の教育レベルを誇っています。その大学を中心にこのアーバインという街は計画的に建設されました。よって、その優秀な卒業生を人材として確保するため、アメリカの名だたる企業をはじめ、ベンチャー企業などが集積し、経済規模も比較的大きい街です。もちろん、自動車を中心に日系輸出企業のオフィスも多くあります。白人に次ぎアジア人も多くいるため、日本人にはとても住みやすい街と言えます(もはや人口の約半分がアジア人のため、アメリカっぽくないです笑)。中華系、フィリピン系、韓国系、日系の順で多かった印象です。英語のみならずスペイン語、中国語、タガログ語、韓国語、日本語が日常生活で飛び交っていました。

アーバインの美しい景観

計画段階から都市の景観には配慮が行われており、多くの緑地帯、貯水池、公園がそこら中にあり、それらはびっくりするほど広いです。野球場やサッカーコート、テニスコート、バスケットコートなど全て無料で開放しています。プールやジャグジー、バーベキュー場が屋外についている集合住宅地やリゾートアパートも多くあります。毎日快晴で本当に楽園かと錯覚してしまうほどの美しさです。

この写真はそのリゾートアパートの一部です。こんな家がそこら中にあります。友達を誘ってここでバーベキューパーティーをやったら、プールサイドで日焼けしたり最高です。施設内にはしっかりジムも付いているので、もう外に出歩く必要がありません。

https://www.irvinecompanyapartments.com/locations/orange-county/irvine/villa-siena.html


そんなアーバインにおいては、都市の景観を守るために厳しい規制が行われています。各居住区の住宅所有者の協会が、家の外観(住宅の塗装色、屋根のデザインや植樹の種類など)に関する規制を行っています。そのため、似たような家がずらりと並んでいます。

さらに、洗濯物は絶対に外に干してはいけないので、どの家庭にも乾燥機があります。こんなにもカラッと乾燥している気候なのにもったいないですね。厳しい地域では、家の外に駐車できる乗り物すら制限されています。

アーバイン(Irvine)の住宅街


街全体の雰囲気はこちらの動画でご紹介します。日本に比べ圧倒的に土地が余っているためゆったりしたスペースが多く、街の人々からはストレスを一切感じませんでした。晴れの日が多いことも要因かと思いますが、これは日本のストレス社会に生きる皆さんには楽園のような街です。

アーバインが舞台の海外ドラマ

ちなみに、「The O.C.」という海外ドラマが10年以上前に流行りましたが、そのタイトルにもある通り舞台は「O.C.=Orange County」です。厳密に言うと、舞台はアーバインではなく、高級住宅地オレンジ・カウンティのニューポートビーチというサーフィンの街です。富裕層のスキャンダルにまみれて生活している家族達のコミュニティーに、低所得者層のライアンが居候になる所から物語はスタートします。もう見出したら色んな問題が発生するので止まらなくなります(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp/

今ならアマゾンPrimeビデオで全シーズン見れちゃいます。こんな景色の良い豪邸に住みたいと誰しもが夢を抱くと思いますが、ぜひ見てみてください。

アーバインの住宅事情

そんな素敵な街アーバインですが、デメリットを挙げるとすれば、住宅価格がとてつもなく高いです。ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスなどアメリカの都市全般に言えるのですが、感覚的に家賃が日本の倍以上します。相場でいうと、1ベッドルーム(日本の1LDK)でおよそ月々$1,800~$2,200、2ベッドルーム(日本の2LDK)でおよそ$2,300~$2,800ほどでしょうか。一軒家も豪邸がずらりと並んでおり、どんな仕事をすれば住めるのか疑うほどでした。これも、前の記事で紹介した通り、日本がここ30年間圧倒的に経済成長せず、デフレで物価が先進国に比べとてつもなく低い表れだと思います。

家賃相場が高価格ではあるものの、家や家具のクオリティはすごく高く、夢のような生活ができる広い家が多かったので、一応その紹介がてら動画を貼っておきます。時間があるときに見てください。アーバインに住みたくなりますよ。

-Life, World

Copyright© DAINA BLOG -GLOBAL ELITE JUKU- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.