Economy

【もう先進国ではない?!】日本の一人あたりのGDPと世界の先進国との比較

更新日:


前回の記事では、日本のGDPが約500兆円あることが分かりました。では、それが世界の先進国と比べてどの水準に位置するのかを見ることで、大まかな経済規模の感覚が身につきます。これは、多国籍の人々とコミュニケーションをする機会が多くグローバルに活躍するエリートになるためには必要な教養ですので、さっそく見ていきましょう。

GDPの世界ランキング

出典:世界経済のネタ帳 名目GDP(2018)
https://ecodb.net/ranking/imf_ngdpd.html

「日本は世界の国の中で3位ってすごい!経済大国だね」と感じる方も多いかと思います。第二次世界大戦後の高度経済成長を経て、ここまで経済規模が大きくなった日本は素晴らしいですね。しかし、これは単純に日本が世界の中でも人口が多いから経済市場が大きいとも考えられます。ここで人口の世界ランキングも見てみましょう。

人口の世界ランキング

出典:世界経済のネタ帳 人口(2018)
https://ecodb.net/ranking/imf_lp.html

世界に約200カ国が存在する中、日本は10位と高ランクですね!総人口が1億人を超えている国が12カ国しか存在しないのも興味深いです。それほど日本市場は経済規模が多いと言えます。

個人的な意見ですが、日本人の英語能力低下を招く原因、それはこれほどGDPが高く人口が多い日本は経済規模が大きいため、世界に出て良い仕事を探す必要がない特殊な状況だと考えています。簡単に言えば、英語を勉強しなくても日本だけでそれなりに豊かな生活ができてしまうのです。(それに加え日本は島国であり、国民の95%は日本人で占められているという世界に類を見ないとても特殊な国です。)

日本の一人当たりのGDPと先進国との比較

「日本は世界第3位の経済大国だなんてすごい!」と思ったら、実はそうでもないのです。それは日本の一人当たりのGDPを見れば一目瞭然です。

出典:世界経済のネタ帳 一人当たりの名目GDP(USドル)(2018)
https://ecodb.net/ranking/imf_ngdpdpc.html



「あれ?経済大国日本が見当たらない…。」


「こ、こんなところにあった…。他先進国に比べれば順位低くない?てか、もはや韓国にまで抜かされそうなんですけど。」

これを見ても、まだ日本は豊かで金持ちの国だと勘違いしていませんか?日本全体の平均年収は、約441万円といわれています(参考:国税庁)。そして、年収の中央値は約360万円。これらの数字が上記の一人当たりのGDP額にとても近いですよね。これが日本という国の現実だと、数字の裏付けと共に理解して頂けたかと思います。

日本の一人当たりの名目GDPの推移

では、日本一人当たりのGDPの推移を見てみましょう。

出典:世界経済のネタ帳 日本の一人当たりの名目GDP(自国通貨)の推移(2018)
https://ecodb.net/country/JP/imf_gdp2.html

「あれ?1992年あたりから成長が止まってそのままずっと横ばいに推移してるよね?何かあったのかな?」

そうです。バブル崩壊です。

さらに、1989年(平成元年)4月1日には、日本ではじめて消費税が導入されました。これも日本経済にはとてつもなく大きな負のインパクトを与えています。これは次回の記事で勉強したいと思います。


ちなみにアメリカは右肩上がりで経済成長しています。

出典:世界経済のネタ帳 アメリカの一人当たりの名目GDP(自国通貨)の推移(2018)
https://ecodb.net/country/US/imf_gdp2.html


なんだか、日本経済について知れば知るほど悲しくなってきましたね…。私もどれだけ自分が平和ボケ(無知)していたか、とても痛感させられました。

なぜ日本は先進国の中で低い順位なのか?

1番の原因は、日本社会が圧倒的に労働生産性が低いからです。社会構造がよく似ているドイツと比較すると、日本は労働時間が1.2倍も多いのです。さらに、ドイツは製品の高付加価値化に優れており、高級車の品質が高いことが特徴です。 それを支えているのが「ミッテルシュタント」と呼ばれるドイツの中小企業です。企業向け•業務用の市場で非価格競争力を発揮して高い利益率を保持するニッチ市場の勝者達です。顧客にとってなくてはならない存在という付加価値を提供しています。明治維新の頃のように、日本はまたドイツに学ぶべきですね。

個人的な意見ですが、日本のメディアは日本の技術がすばらしいとか治安が優れているなど、数少ない日本の長所をことさらに取り上げ、日本が世界をリードしているかのような錯覚を毎日のように国民に与え続けています。つまり、テレビばっかり見ていると日本や世界のことに至るまで、知識が無いどころか間違った認識をしてしまうことが多いです。これが日本の平和ボケ(無知)の原因だと私は考えています。そのメディアのことについても別の記事でご紹介したいと思います。

-Economy

Copyright© DAINA BLOG -GLOBAL ELITE JUKU- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.